これで納得!レンタル会議室が増えている理由

レンタル会議室は不動産屋にお得

最近、駅に近い雑居ビルなどにもレンタルスペースやレンタル会議室といった看板を見かけることが少なくありません。会議室といえば本来なら会社内で行うもの。それが、なぜこんなに増えているのでしょうか?レンタル会議室が増加している理由はいくつかありますが、ひとつには空き店舗の有効活用が挙げられます。東京や大阪などの大都会では、貸事務所は供給過多に陥っています。これは長引く不況とビルの高層化などによって多くの賃貸物件ができたことに原因があるのです。

貸事務所より効率的なレンタル会議室

不動産屋にしてみれば、テナントの入居していない物件をそのまま放置しておくくらいならレンタル会議室として貸し出した方が利益が上がるのです。普通に考えても入居者がいなければ家賃収入は0なわけですから、貸し出した方がいいというのは分かりますが、実は入居するテナントがあった場合でも、需要のあるレンタル会議室の方が利益率が高いという試算もあるのです。最近ではあらかじめレンタル会議室を準備したテナントビルまで開発されています。

レンタル会議室は公共性が高い

レンタル会議室は、不特定多数の一般人が利用できることから公共性が高いとみなされます。そのため建築法では容積率が大幅に緩和され、同じ土地面積であっても総床面積を広く取ることが可能なのです。つまり、より高い建物を建築することが可能ということです。これによって同じ土地面積であっても高層化によって多くの部屋数を用意でき、家賃収入を増やすことができます。こういった理由から設計段階からあらかじめレンタル会議室を内包したテナントビルが建てられ、結果としてレンタル会議室そのものの数も増えているというわけなのです。

神戸で会議室を確保してください。施設は駅やバス停からも近いので条件に見合った会議室がすぐに見つかります。