あたたかみのある雰囲気で出来る家族婚です

どんな人を呼んだら良いか

家族婚ですから自分の兄弟や両親の兄弟などやいとこなど普段親しんでいる人たちまでを呼ぶのが普通でしょう。親戚を呼ぶ場合はどうしても高齢の人が多くなってしまいますから人選も慎重に行う必要があるかもしれません。人数は30名ぐらいが一般的です。くる人に合わせた料理などを選んだり披露宴を行う場所の調整をしていくと良いです。広めの場所でも余ってしまうようであればパーテーションなどで囲って気まずい雰囲気にならないようにしてくれます。

どんな点が困るのか調べておく

親族の挨拶などは両家から1人ずつ選んで行っていくとバランスが良いです。料理も少ない人数で行うので少し奮発したワンランクアップしたものを選んでいくと高級感がある披露宴になります。写真撮影や式の進行はどのように行っていくのかもきちんと考えておく必要があります。出席者の中から適性のある人を選んでいく方法もありますし、会場のスタッフにお願いする方法もあります。アットホームな雰囲気を出せるようにすると良いですね。

どんな利点があるのかな

まず何と言っても新郎新婦との距離感が近いのが良いですよね。大掛かりな結婚式よりも規模が小さいですから話せる時間も非常に多そうですね。料理を食べる際も移動したりして親睦を深めることも出来そうです。これは規模が小さいことによる特権ですね。少し盛り上がりが足りないという風に感じたらゲームを取り入れたりするのも良いですね。そんなに難しいものではなくて簡単なゲームでプレゼント付きのものが楽しめますよ。いろいろ工夫してみましょう。

新郎新婦の親族や親しい友人だけを招いて行う家族婚は規模を小さく抑えることで手間や支出を省くことが出来ます。その一方で挙式の内容が質素になりやすいので、事前に親族と相談することがトラブル回避の心得です。